【tamakiniime shima】新しいタマキニイメのお店がオープンしたので行ってみた

tamaki niime shima行ってみた

播州織の産地である兵庫県西脇市に拠点をもつアパレルメーカー「tamaki niime(たまきにいめ)」

その新店舗が2022年2月23日(水)にオープンしたので、早速行ってみました。

タマキニイメって何?どんなお店?という人はこちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク
目次

tamaki niime shimaのコンセプト

tamaki niime shimaは「地域の魅力や創りての想いを伝えるお店」をコンセプトに、本店とは少し違った方向性で進めていくようです。扱う商品は「おりもの・こもの・たべもの」。西脇で織られた織物や、地域にゆかりのある食べ物が取り揃えられています。

地元の人、使う人、創る人らが集まり刺激し合える場になってほしいという願いが込められたお店となっています。

tamaki niime shimaに到着

オープン初日は混み合うと思い、10時の開店に間に合うように行きました。この辺りでは車での移動が基本です。

2月23日(水)から2月27日(日)までのオープン記念期間中は新店舗の駐車場には車を停める事ができません。本店近くの駐車場から専用の車に乗っての移動となります。

tamaki niime shima(たまきにいめしま)オープンイベント時の駐車場案内

本店からは「トゥクトゥク」で移動する事ができます。風を感じながら田舎道を駆けていくのは気持ちがよかったです。

tamaki niime shima(たまきにいめしま)オープンイベント。イベントの移動車トゥクトゥク

さて新店舗「tamakiniime shima」の「shimaって何?」とお思いかもしれませんが、実は地名なのです。

国道175号線、通称イナゴ沿い。西脇市の嶋という地域に店舗があります。車のナビに住所を入力して訪問してみてください。(住所は当記事下部に記載)

tamaki niime shimaの外観

引用:tamakiniimeプレスリリースより

白い建物にtamakiniimeのロゴがプリントされた非常に目立つ外観です。

tamaki niime shima(たまきにいめしま)外観

新店オープンということでたくさんのお花が飾られていました。とても綺麗に飾られています。

tamaki niime shimaの店内と取り扱い商品

入口には玉木新雌さんの似顔絵アートが飾られています。インパクトありますね。

tamaki niime shima(たまきにいめしま)入口

入口正面にはカウンターがありました。しかし店内での飲食は行われておりません。スタッフの方に聞いてみましたが、しばらくは飲食提供の予定はないそうです。

tamaki niime shima(たまきにいめしま)店内

店内には小物が数多く置かれていました。小さなポーチなどはすごく使いやすそうです。

tamaki niime shima(たまきにいめしま)小物

こちらは隣町・多可町にある「egaon!naaare(えがおになあれ!)」の木工雑貨が並べられていました。木の温もりを感じる優しい雑貨です。

tamaki niime shima(たまきにいめしま)店内と多可町にある「egaon!naaare(えがおになあれ!)」の木工雑貨

看板商品であるショールも置かれています。tamakiniimeのショールは「イッテンモノ」二つとして同じものがないので、shimaで気に入ったものがあれば即購入をお勧めします。

tamaki niime shima(たまきにいめしま)店内

播州織の生地も沢山揃っています。

tamaki niime shima(たまきにいめしま)店内

ミシンもないのに欲しくなってきました。

tamaki niime shima(たまきにいめしま)店内

多可町の長谷川養蜂園のはちみつ。

tamaki niime shima(たまきにいめしま)店内とはちみつ

兵庫県加古川市にあるTAKAMI OKAKIのおかきなどなど。

tamaki niime shima(たまきにいめしま)店内

加西市にあるセンゴク「アラジントースター」外カリッ中ふわの美味しいトーストを焼くのには欠かせません。

tamaki niime shima(たまきにいめしま)店内

筆者がtamaki niime shimaで購入したのはランチョンマットとclocomiから発売されているベビースタイキット「Fanfare(ファンファーレ)」

これ、スタイを手作りできるキットなんです。ミシンがあれば1時間ほど、手縫いでも3時間弱あればスタイを自作することができます。同じ絵柄の巾着袋キットも同梱されていますので、長く使うことができそうです。もちろんこちらも播州織。

スタイキットFanfare
スタイキットFanfare

tamaki niime shimaを堪能

店舗の外や本店前には多数のキッチンカーが出店していました。筆者は39cafeのいちごモンブランをオーダー。ボリュームがあり満腹です。

39クレープキッチンカー

ごちそうさまでした。

39クレープ

tamaki niime shimaの店舗は本店に比べて小さいですが、バラエティに富んだ地産地消の商品が沢山あり、十分に楽しむことができました。オープンイベントは2022年2月27日(日)までですが、今後もさまざまなイベントが開催されるかと思います。shima店の今後の展開に注目です。

tamaki niime shima店舗詳細

tamaki niime shima
住所:兵庫県西脇市嶋447-1
TEL:0795-27-8227
定休日:月・火曜日
営業時間:10:00〜16:00
アクセス:中国自動車道『滝野社IC』より西脇方面へ約15分
国道175号線「嶋」交差点の先すぐそば(tamaki niime Shop&Labからは車で約5分)

遠くて店に行けない人は

兵庫県は知っていても「西脇市ってどこ?」という人が多いでしょう。日本のへそと呼ばれる場所にあり「遠くて行けない」という人も多いのではないでしょうか。

tamaki niimeの商品は少数ですがネットでも取り寄せることができます。(楽天とYahooショッピングに多く出品されておりAmazonでは見つけることができませんでした)

播州織や商品が気になった人は下記をチェックしてみてください。良い出会いがありますように。

以上「暮らしをそだてる」のジャンル記事でした。
よかったら他の記事もみてね。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる