【Audible(オーディブル)をはじめよう】育児に仕事に忙しいパパママには「聴く読書」がおすすめ

オーディブル2022年からの変更点を徹底解説

みなさん、最近読書をしていますか?

「子供が生まれる前は落ち着いて読書をしていたけど、最近は本を読んでいないなぁ」というパパママは多いのではないでしょうか。

泣いたり暴れたりする子供の面倒を見ながら、本を読むことは至難の業です。

家事をしていても手がふさがっているので「ながら読書」は不可能でしょう。

息抜きのために読書の時間を作りたい…

そんなパパママに朗報です。

アマゾンの「オーディブル」というサービスならば「ながら読書」が可能です。

今回はその「オーディブル」についての紹介と解説を行っていきます。聴き放題のサービスに変更された「今」がはじめるチャンスですよ!

スポンサーリンク
目次

オーディブルとはどんなサービス?

オーディブルはプロの声優や俳優が本の朗読を行い、それを配信するというオーディオブックサービスです。

通常の読書は紙の本をめくりながら読むのに対して、スマホやPCから流れてくる朗読を聴くのが「聴く読書」オーディオブックなのです。

実はオーディブルは2015年から日本でのサービスがスタートしていますが、意外とまだ知られておりません。

10〜70代の男女168人に対して行ったアンケートで「オーディオブックを知っているか」と聞いたところ

知っている:29.0%

聞いたことはある(がよく知らない):56.5%

全く知らなかった:14.5%

(調査:株式会社LANY、株式会社ロビンソン・クルーソー)

という結果になっています。

「聞いたことはあるけどよく知らない」という方には是非オーディブルの素晴らしさをぜひ知って欲しい!

というわけで、もう少し詳しく解説していきましょう。

育児、仕事に忙しいパパママに「聴く読書」をおすすめする理由

audible(オーディブル)の利用シーンを図解

育児 × オーディオブック

家事 × オーディオブック

パパ × オーディオブック

じつはこれ最強の組み合わせでした。

筆者は2021年からオーディブルを使いはじめて一年間利用しています。その間に40タイトル以上を読了しました。つまり、月に3冊程度を読んでいたことになります。

以前の筆者は年に1冊本を読む程度でした。

活字を読むのも苦手でした…

それがなぜ、オーディブル利用後に沢山本を読めるようになったのか?

答えは「スキマ時間」の活用にあります。

オーディオブックはプロの声優や俳優が朗読する本を「耳で聴く」ことができるサービスです。

耳で聴けば、紙の本を読むのと違って目や両手が自由になるので「ながら読み」が可能となります。

  • 料理をしながら読書
  • 掃除をしながら読書
  • 散歩をしながら読書
  • 通勤をしながら読書
  • 運転をしながら読書

一日のうち活用できていないスキマ時間が意外とあり、これを活用しない手はありません。

筆者は通勤中と営業活動の移動中によく利用します。

休日には息子をベビーカーに乗せ寝かしつけ散歩に連れて行く事がありますが、その際にもオーディブルを活用しています。

聴く読書ができるオーディブルをおすすめする理由はスキマ時間を最大限に活用できることにあります。

2022年オーディブルがついに聴き放題に!前年からの変更点や料金を解説

2022年1月27日から変更となったaudible(オーディブル)の変更点を図で説明

以前のオーディブルは聴き放題ではなく書籍買取式のサービスでした。

会員特典として毎月1コインが付与され、そのコインで書籍を購入するというものです。

毎月1冊だけ読むならば問題ないのですが、お気に入りのシリーズ本は次々と読みたくなってしまい、ついつい課金して追加購入することも多々ありました…

そう。以前のオーディブルは沼にハマればどんどん課金してしまう恐ろしいサブスクサービスだったのです。

オーディブルは高い

早く聴き放題制にしてほしい

利用者数が増えるにつれユーザーからの要望も高まり、ついに2022年1月27日からサービスの改革となったのです。

それでは何が変わったのかを解説していきます。

月額料金は以前と変わりません。1,500円の月会費で利用できます。

大きな変更はコイン制から聴き放題制に変わったこと。

1冊オーディオブックを購入するのに1コイン=1,500円ほどかかっていたものが、2022年からは12万冊以上の書籍が聴き放題になりました。

たくさん本を聴く人にとっては超超お得なサービスになりました。

オーディブルには日本語タイトルが1万3,500タイトル、洋書のタイトルが38万5,000の合計40万タイトルが取り揃えられています。

そのうち12万タイトル以上が聴き放題になるのですが、聴き放題対象外のものも存在します。

聴き放題対象外のタイトルは通常価格の30%割引で購入することとなります。全てのタイトルが聴き放題ではないということは注意したいところです。

そしてもう一つの変更点はストリーミング再生も可能になったこと。

これまではオーディオブックをダウンロードする形式でしたが、スマホの容量を圧迫しないストリーミングという選択肢が増えたのは嬉しい変更ですね。

オーディブルで聴ける本って何があるの?

audible(オーディブル)のジャンル一覧

ビジネスやエンタメ、育児本、ミステリー小説、語学学習など様々な書籍が取り揃えられています。

オーディオブックを提供しているサービスは他にも存在しますが、タイトル数とジャンルの幅広さはオーディブルが優っています。

種類がありすぎて何を読めばいいかわからない

そんな初心者さんは「特集ページ」から入るとわかりやすいでしょう。オーディブルスタッフが厳選したおすすめタイトルや、年度ごとの人気ランキングタイトルなどもわかりやすく並んでいますので最初の1冊はここで探せば間違いありません。

オーディブルをはじめよう

最後にオーディブルをおすすめする理由をもう一つ。

会員登録するにあたり、最初の30日間が無料期間となっています。つまり無料期間最終日までに退会してしまえば、タダで12万冊以上のタイトルを聴き放題で利用できるのです!

オーディオブックが自分のスタイルに合うかどうかを判断するためにも、無料期間があるのは嬉しいサービスです。

読書は教養を高めたり、心を落ち着かせたり最高の趣味の一つと言われています。

忙しい毎日に追われているパパママにも読書でリラックスしてほしいと思います。

聴き放題になった今がチャンス!ぜひお試しください。

以上「暮らしをそだてる」のジャンル記事でした。
よかったら他の記事もみてね。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる